アイコス(iQOS)電子たばこ

アイコス(iQOS)のデメリット欠点は?アイコスの生産ルーツ由来/健康に悪くない?iQOSの価格相場

投稿日:

アイコスを買う前にデメリットを知っておきたい。

誰でも買う前にその商品のデメリットは知りたいですよね。

 

そんな iQOSの欠点をまとめました。

 

 

「 アイコス(iQOS)」の生産ルーツ由来

 

昨年、発売された新しい喫煙具。

 

海外のタバコメーカーであるフィリップモリス社が2500億円をかけて開発したのがアイコスです。

 

日本でも昨年から10都道府県での限定で発売され始めてから一気に人気が出始めました。

それから今年に入っていよいよ全国のコンビニでも発売される様になりました。

 

電子タバコが海外では人気の最中に最先端の喫煙スタイルの提案をコンセプトにした、

フィリップモリス社が多くの喫煙者に向けて開発した本格的な味を楽しめる喫煙具がアイコスです。

 

 

アイコス(iQOS)は電子タバコとどこがどう違うのか?

 

現在の電子タバコの主流はリキッドをつかってその水蒸気を吸い込む方式と言う方式です。

 

アイコスはリキッドは使わず、タバコの葉を使ったヒートスティックと言う専用のカートリッジを使います。

 

見た目はマジックペン程の大きさで手に収まります。一応喫煙具なので喫煙所で使う事になっています。

 

 

アイコス(iQOS)の操作方法は?

 

操作はヒートスティックをアイコス本体にセットして、ボタンを押して点滅が点灯に変わると吸う事が出来ます。

 

本体は充電しないといけませんが、1度充電すれば10回は吸う事が可能になります。

 

ヒートスティックは火を使わずにアイコスの本体にセットして加熱する事でタールが発生する事無く、副流煙も無いです。

 

タバコの葉はそのまま使っているので、リキッドでは無く本物のタバコの味だけが楽しめます。

 

 

アイコス(iQOS)はタバコ葉を使っていて害は無い?

 

現代ではタバコは健康に悪いと言う事で嫌煙される事と、健康志向で禁煙される方が多くなっています。

 

そこでタバコの葉を使っているアイコスにはタバコの害は無いのかと言う事が注目されると思います。

アイコスは従来の火でタバコの葉を直接炙るのでは無く、電気で低温で加熱するだけなので害が低くなっています。

 

開発したフィリップモリス社の研究結果では今までの紙巻きタバコより、何と9割も有害性が減少しています。

今後は禁煙をと思われていた方にはアイコスが救世主になってくれる可能性はあります。

 

 

アイコス(iQOS)のデメリットは?本体価格と手間

 

只今、アイコスは本体の定価価格が9980円ですが売り切れの為値段が高騰しています。

今のiQOS相場は2万~3万円です。

 

さらに充電に際する手間が一番のアイコス欠点となります。

現在多くのコンビニでアイコス専用のヒートスティックが売られていますが、品種が4種と少ないです。

更に充電に90分ほどかかる事と、寒い季節になると急に吸いたくても本体が起動しない等のアイコス特有のデメリットが問題になります。

 

-アイコス(iQOS)電子たばこ

Copyright© 深いいねブログ♪ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.