いびきをなくす方法

子供の歯ぎしりの治し方治療方法!はぎしりがひどい場合はマウスピースで矯正も

投稿日:

歯ぎしりの治療は子供のうちから!

子どもの歯ぎしりはいろいろな説があります。アゴや歯の成長のために行う自然現象ということもいわれます。

 

「ストレスが原因?」「嫌な思いをしている」と過剰に心配する親御さんもいます。

 

しかし、成長過程ではよくあることと捉えてみることも大切です。

 

 

【子供の歯ぎしりはストレスではない?】

歯ぎしりは何もストレスが多い大人に限って起きるとは決まってはいません。

子どもにもよく見られる現象で珍しくはありません。

年齢的にも10歳前後の子どもでも、全体の30~35%に歯ぎしりが見られます。

年齢的にはちょうど乳歯が抜けて永久歯が生えてくる時期です。

この頃に歯ぎしりをする子どもが多いのは、寝ている間にっも無意識に噛み合わせの調整をしていることだといわれています。

 

 

 

【ひどい場合はマウスピースで矯正も】

子どもの歯ぎしりの場合、あまりにも酷いときには奥歯が大きく擦り減ってしまう場合も考えられます。

アゴや歯を痛めてしまう可能性もあって、ずっと歯ぎしりが続く場合には適切な指導や治療を受けることも大切です。

歯ぎしりの治療法としてマウスピースで治療する方法もあります。

おもに歯列矯正のために用いられているものですが、歯ぎしりの防止にも役立ちます。

歯の形状がひとりひとり異なるため、マウスピースはオーダーメードが基本となります。

樹脂の詰まった器具を歯にはめて型どりして制作していきます。マウスピースは就寝前に歯に装着して使用するようにします。

 

 

 

 

【永久歯が生え変わっても治らなければ歯列矯正】

もし、永久歯が生え変わるような年齢ではない子どもに歯ぎしりが見られるようであれば、歯並びの悪さや噛み合わせの悪さが原因と考えられます。

この場合には、歯列矯正によって改善される可能性がありまので、歯科医に相談することが必要です。
12歳頃までは乳歯と永久歯とが混じった混合歯列の状態が続きます。この時期には歯列や顎に著しい成長がみられる時期でもあります。

12歳くらいになると一番奥の第2大臼歯が生えはじめ、親知らずを除く28本の歯が生えそろいます。犬歯や臼歯、第2大臼歯が生えそろう時期にはトラブルが発生しやすい時期ともいえます。

そのため、歯並びの悪さが目に見えて現れるようになってきます。

矯正治療を開始する時期としては、一概に早いほうがいいとも限らないです。

小さい子どもさんの場合、矯正装置をつけることを嫌がってしまうことも多く、精神的な負担も多い場合があります。

歯列矯正は歯と歯茎さえ健康であれば、何歳になっても矯正治療は可能です。

自分自信で歯並びの悪さを自覚することで、矯正治療への関心が高くなってから本格的な治療をしても遅くはありません。

しかし、骨格性の問題による不合咬合の矯正治療の場合、骨の成長を利用した咬合誘導ができるので、早めの治療がおすすめです。

-いびきをなくす方法

Copyright© 深いいねブログ♪ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.