おすすめ甚平

浴衣と甚平のメリットとは?甚平はなぜ涼しいのか?じんべえの由来

投稿日:

~浴衣と甚平のメリットとは?甚平はなぜ涼しいのか?~

 

 

 

<浴衣と甚平の由来>

 

  • 浴衣の由来

 

 

元々は貴族の間で沐浴の際に使われていた麻の着衣の事です。

当時は庶民には手の届かない代物でした。

室町時代後半からは夏の風物詩として盆踊りなどが流行し、色柄が華やかだった浴衣が庶民の間でも人気を集めて広がり始めました。

元禄時代に入ると温泉地での着用も進み、浴衣の着用がより一層広まりました。

この頃には浴衣は「特別な物」と言う認識から「一般的な物」へと変わっていきました。

また、初期の生地は「麻」でしたが、木綿の栽培に成功した事から「木綿」を使用して作られるようになりました。

 

 

 

  • 甚平の由来

 

 

 

 

元々は戦に参加していた下級武士が鎧の下に着ていた陣羽織からきています。

木綿使用の袖が切られた羽織物で、身動きが取れやすいので下っ端武士には重宝されていました。

呼び名も「甚兵衛羽織」と呼ばれていましたが、着物仕立てにした際に「甚兵衛」と変わり、現在の「甚平」へとまた変わっていきました。

一般庶民、しかも男性が着る事を前提に作られていたので浴衣や着物とは違い当初は華やかさがありませんでした。

最近になって子供や女性用にキャラクターや明るい色の物が増えてきた感じです。

 

 

 

<浴衣と甚平はなぜ涼しいのか?>

 

 

 

  • 浴衣が涼しいのはなぜか

 

 

 

パッと見た感じ浴衣は暑そうだと思いませんか?

浴衣はお祭りなどで着用して出かける人が多いのであまり実感がないかも知れませんが、夏場の暑い日の夕方などに洋服の代わりに着てみると意外と涼しい事がわかります。

締め付けが少なく体への密着度も低いので通気性が良く着心地が楽なうえ、生地に使われている麻や木綿は汗を吸い取ってくれます。

また、色や柄も豊富なので目で涼む事もできます。

 

 

  • 甚平が涼しいのはなぜか

 

 

 

甚平は上下が分かれており、下は短めのパンツになっています。

このような形態から洋服と変わらぬ行動でき、密着度もそれほど高くないので涼し気に着る事ができます。

男性に限らずですが、足を広げても問題が無いので小さな子供や若い女性の間でも涼しさと共に利便性を高く評価されて近年着用者が増えています。

生地は昔から綿が使われており、吸汗性には優れています。

 

 

 

<浴衣と甚平のメリットについて>

 

 

 

  • 浴衣のメリット

 

 

 

 

  • 特別感を出す事ができる

 

 

 

浴衣を普段着として着ていた昔とは違い、今は夏の風物詩として着る人や見る人に親しまれています。

お祭りやデートなど、夏場に「特別」な事がある時に着る人が多いようです。

彼氏や友達に褒められて気分もあがる事間違いなしです。

 

 

 

  • 記憶や記録に残す事ができる

 

 

 

今はスマートフォンやデジカメで写真を撮るのが当たり前の時代です。更にはSNSで拡散され、1つの記録が多くの人の記憶にも残ります。

友達の友達にまで回って「この子を紹介して!」なんて事もあるかもしれません。

 

 

 

  • 伝統を受け継ぐ事ができる

 

 

 

浴衣を買うのは決して難しい事ではありません。流通している商品は1万円で購入できる物もあります。

しかし、おばあちゃんの手作りや代々受け継がれている浴衣があるのも確かです。

浴衣は昔から着られていたものです。今、私達の世代がそれを受け継ぎ後世に残していく。

これは素晴らしい日本の伝統です。

 

 

 

  • しつけに利用する事ができる

 

 

 

浴衣を着てバタバタと走り回る子供はいませんよね。

行動のみならず、言葉や表情も一歩大人に近づく感じがします。

そんな子供を見ている親もいつもの口うるささが減る事でしょう。

 

 

 

  • 甚平のメリット

 

 

 

 

 

  • 涼しく過ごす事ができる

 

 

 

着物や浴衣のようにかしこまっておらず、日頃から着ても何の違和感もありません。

特に毎年夏場の気温が上がっている今だからこそ、洋服のように気軽に着る事ができる甚平はとても重宝されるべき物です。

汗をかいても通気性の良さでべたつき感がないので着ている本人や、周りで見ている人にも不快感を与えません。

 

 

 

  • 人に贈る事ができる

 

 

 

夏を迎える前には6月に「父の日」があります。

この時期になるとこれから迎える熱い夏を乗り越えてもらおうと甚平を贈り物として利用される方が多いです。

年配の男性は甚平を着ると風格が出て様になるので贈り物としては最適だと言えます。

 

 

 

  • 子供に気軽に着せる事ができる

 

 

 

夏休みは保育園や幼稚園の夏祭りや地域のお祭りなど、子供連れで出かける事が多くなります。

そんな時、子供にいつもとは違う物を着せたくなるのが親心です。

しかし、ちょこちょこと動き回る子供に浴衣を着せるのは一苦労です。それに、現地で着崩れしたら直すのもまた手間となります。

そんな時、甚平だったらどうでしょう?

トイレも自分で済ます事ができ、遊んでいても袖や裾が邪魔になる事がありません。

子供も大人もストレスを感じる事無くお祭りを楽しめますね。

 

 

 

  • 伝統を受け継ぎ、変化させる事ができる

 

 

 

浴衣と同様、甚平にも歴史があります。

昔は「部屋着」として利用されており外出時に着用する事はタブーとされていました。

しかし、現在では部屋着の域を超えて外出着としての地位も確立しつつあります。

「ちょっとそこまで」から「お祭りや目的地まで」といった意識の変化が生まれているのです。

守るだけでなく、形を変化させて前へ進んでいく事ができるのは私たちの行動次第です。

 

 

 

◎浴衣も甚平も着る機会を増やし、この暑い夏を乗り切って行きましょう!

 

 

-おすすめ甚平

Copyright© 深いいねブログ♪ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.