季節もの、祭り

魚の冷凍保存の仕方は?上手な解凍方法は?保存賞味期限あり!

投稿日:

Fotolia_27291195_Subscription-500x374

 

 

魚の冷凍保存方法を分かりやすく解説!

 

日本人にとって生魚は外せません。近くの鮮魚店に行けば、美味しそうな魚が安く売られてついつい買ってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

そんな魚を冷凍保存してみましょう。手間ですが、きっと役に立つ筈です。

 

しかし、魚を冷凍保存したところで、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

 

一つは長期保存が可能になるという事です。

冷蔵庫で魚を保存していても、せいぜい3日〜1週間程度ですが、冷凍保存することで、それ以上の保存が可能になります。

 

次に、菌の繁殖を抑え、劣化を防ぎます。

これによって魚を長持ちで保存する事が可能です。

 

では、冷凍保存は一体どのように行うのでしょうか。

 




まずキッチンペーパーで魚の水分を拭き取ります。

塩をふったり、加熱処理すると、長期的な保存が可能で、栄養や旨味を抑えられます。

次にアルミやステンレスにおいて短時間冷凍し、フリーザーパックに移します。

その時に注意して欲しいのは中の空気をしっかり抜いて下さい。

この時空気が入っていると、酸化の原因になり、旨味が逃げてしまいます。

後は冷凍庫に入れれば完了です。

 

sakanareitoutop-300x236

 

キッチンペーパーで水分を拭き取った後、下味を付けると、調理の際手間が省けるだけでなく、調理の仕方も変える事ができます。

例えば、塩胡椒を振りかけておけば、そのまま焼き魚にする事が可能です。

これはあくまで一例ですが、レシピ通りに組み立てれば思わぬ物が生まれるかもしれません。

 

 

それはさて置き、次に釣り魚の冷凍保存について解説します。

釣り魚の場合、まずは内臓の処理、それから放血をして下さい。

これをしないと菌が繁殖し、腐る原因となります。

 

 

次に頭を落として下さい。でないと鮮度が落ちてしまいます。

そして腹にキッチンペーパーを詰め込み、ラップでグルグルに、そのまま冷凍庫に入れてしまえば完了です。

つづいて、冷凍保存した後の賞味期限ですが、だいたい2〜3週間が目安です。それ以上が過ぎると水分が抜け、パサパサしていきます。

冷凍した魚の解凍方法ですが、直接焼いて解凍するのは避けて下さい。生臭くなってしまう原因となってしまいます。

 

 

大切なのは、冷蔵庫で解凍するか、もしくはフリーザーパックに魚を入れたまま、水に当てて解凍する事です。またはじっくり自然解凍するのも手でしょう。

それが出来てからキッチンペーパーで拭き取り、そして焼いて下さい。

いかがでしたでしょうか。冷凍保存を用いて、いつでも美味しく魚を召し上がりたいですね。

-季節もの、祭り

Copyright© 深いいねブログ♪ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.