スピーチ例文

結婚式スピーチの正しい言い方とは?祝辞の文例や禁句、挨拶のマナー分かりやすく解説(主賓友人乾杯三つの袋スピーチ例)

投稿日:

1450935029_1

結婚式といえば、人生の中で最大のイベント。もし友人が結婚したら、式のスピーチを任されるかもしれません。

そんな時、マナーが出来て無かったら恥ずかしいですよね。

結婚式のスピーチどうすればいいの?祝辞の文例や禁句、挨拶のマナーまで知りたい!

そんな方へ分かりやすく解説していきます。

 





 

結婚式のスピーチといえば祝辞

祝辞って何を言えばいいのか不安に感じる人も多いでしょう。

大切なのは新郎新婦、ご両家、親族の方々に対してのお祝いの言葉、それからこの席に呼んで頂いた感謝の言葉です。

 

簡単な文例だと「本日はご結婚おめでとうございます。そしてご両家、ご親族、それから皆様方にも心よりお祝いを申し上げます。

このようなおめでたい席にお招き頂いたこと誠に嬉しく思っております。」といった感じです。おそらくだいたいの方がこのような文例を使用するでしょう。

 

ここで注意して欲しいのは「忌み言葉」と呼ばれる禁句です。

「去る」や「切る」それから「出る」などは別れを連想させてしまうので、スピーチの際は決して言ってはなりません。

挨拶の際のマナー

やはり失礼が無い事が大切です。

話す際のポイントは

笑顔で簡潔に!

馴れ馴れしくしないように!

自分中心の話をしない!

過去の恋愛話をしてはなりません!

 

上記のスピーチをたまにする人がいますが聞いている人たちは呆れてしまっています。

それを踏まえてスピーチ例を参考にしてみて下さい。

 

両親のスピーチ例

両親のスピーチ例についてですが、周りや気候を気にした文章にすると親ながらの気配りが伝わってきます。

文言としては感無量や叱咤激励、ご臨席といった言葉を入れるといいでしょう。

それらを入れたスピーチ例ですが、

 

「本日はご来賓の皆様方にご臨席賜りまして心より御礼申し上げます。

さて、本日はこのようなおめでたい日を無事迎える事が出来まして感無量の思いです。

まだ至らない点も多い二人ですが、これからも叱咤激励して頂けると幸いです。」

 

といったような感じです。これに限る必要はありませんが、やはり丁寧な文章にした方がいいでしょう。





 

新婦のスピーチ例

E1410849696106_1

結婚式に来て頂いたお礼と、これからの夫婦の決意、そして今後も来席頂いた方に支援をお願いする内容がいいでしょう。

文言としては、「お忙しい中」や「未熟」といったような文言を入れ、謙虚やこれからの意義を示せると思います。

例としては、「本日はお忙しい中、お集まり頂きましてありがとうございます。

まだまだ未熟な私達ですが、二人で支え合っていきたいと思います。

どうか皆様方にもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。」といったような感じです。

 

友人代表のスピーチ例

余り硬くなり過ぎず、馴れ馴れしくせずといった感じで、「大切な」や「身勝手な」といった文言を入れてみるといいでしょう。

例としては

 

「本日はご結婚おめでとうございます。彼とは学生時代からの同級生で、卒業した後も相談にのってくれるなど大切な友人です。

このお二方は、まだまだ至らない点も多々ございますが、皆様方のご支援あっての事です。

身勝手な事を述べましたが、どうかご了承ください。」

 

といったような感じです。

 

まとめ

如何でしたでしょうか?

結婚式とは一大イベント、そんな中でのスピーチは大役すぎて発狂物。

特に「忌み言葉」はかなり恥ずかしいので注意して下さい。

こちらの例文を参考にしてぜひ、落ち着いてスピーチ内容を考えて心残りのないスピーチにしてみて下さい。

結婚式の招待状にもマナーがありますので気になる方はこちらをどうぞ。

E1410849696106_1
結婚式の招待状メッセージの正しい返し方!マナーや返す時期/連名/慶んで/友達宛/アレルギー/分かりやすく解説

  ベストな結婚式招待状の返し方 マナーや返す時期など分かりやすく解説 結婚式の招待状なんて届いたら、ついついマナーに関して考えられてしまうもの。 一体どう返信すればいいのか、慣れてない方に ...

-スピーチ例文

Copyright© 深いいねブログ♪ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.