シングルマザーの恋愛事情 シングルマザー育児のコツ

学校の役員は大変過ぎる 上手な断り方

投稿日:

cc-library010009540

◎学校の役員は大変過ぎる 上手な断り方。

役員と聞くと何を思い浮かべますか?

 

・自治会の役員

・子供会の役員

・学校の役員

このように「役員」と言うだけでは「何の?」となります。

ここでは学校の役員、俗にいうPTA役員について詳しく説明したいと思います。

幼稚園・小学校・中学校の役員は必ず存在します。

 

役員選出の連絡

 

入園・入学前の前年度から役員選出は行われます。

4月になっていきなり役員になり、仕事が進まないという事を避けるためです。

まず、入園・入学予定の子供の名簿が市町村から園や学校に回ります。

その名簿が先生から当年度の地区の役員へ回され、自宅にピンポーンと訪れるのです。

ご近所で知り合いの場合は電話がかかってきたりもします。

これがまず最初の「役員候補者を集めるための連絡」です。

出欠を取られるので、出席する際は口頭での返事や連絡の用紙に記入をします。

欠席の場合は委任状に記入・押印して役員へ渡します。

この時、仕事で不在や居留守を使って対面しない事も可能です。

しかし、出欠用紙はポストインされますので「知らない。聞いてない。」は一切通りません。

 

役員候補者集合

1024-cc-library010000330

地域の公民館や対象の園・学校などに役員候補者が一堂に会します。

仕事をしている人などもいるので、大体は夕方遅めに設定されている所が多いです。

そこで現役員から役員候補者に対し、仕事の説明がなされます。

さあ、ここからが戦いです。

集まる事で役員候補者の人数がわかります。

この中で事情により役員を引き受ける事ができない人が免除の申請を次々と申し立てるのです。

過去の役員経験者・介護・妊娠・出産・母子家庭など

色々免除理由が出てきます。

たまに「パートに出ているので」という普通の事を言って却下さる人もいます。

でも、そこまでしてみんな役員にはなりたくない人が多いのです。

自分からやりたいという貴重な人材がいないこともありません。

しかし、すべての役職が立候補で埋まることは無いので、結局最後はくじ引きになります。




役員決定

 

運悪く?くじを引いてしまった人が役員決定となります。

役員決めを欠席している人の分は現役員がくじに参加する事が一般的です。

委任状を出していれば、当たった時に文句は言えませんので、代わりにくじを引く現役員は大変です。

「一度本部役員を経験すれば、あとの年度は免除される」

という決まりのある所もありますが、

少子化の今いつまでそれが続くかは定かではありません。

まとめ 学校の役員は大変過ぎる 上手な断り方

<最終判断は自分で>

役員を逃れる為の意見として、

・役員選出の連絡がきた時に留守で会えない

・現役員へ欠席の連絡をする

・連絡時に「○○の為免除をしてもらいたい」と伝える

という方法を試されてはどうかと思います。

役員候補者が集められた際、当日欠席者から免除のお願いが出ていれば参加者に確認されます。

しかし、それに対して反対する人を今まで見たことがありません。

直接会わずに電話でお願いする事で、

真偽が判断しにくいので効果的ではないかと思います。

ただ、今後の付き合いを考えると嫌でも引き受けておいた方が人間関係はスムーズにいくと思います。

-シングルマザーの恋愛事情, シングルマザー育児のコツ

Copyright© 深いいねブログ♪ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.