上手でお得な引っ越し方法

引っ越しの時の不用品処分、身体の負担、予算の負担、減らしたいのはどっち?

投稿日:

OZPA89_danborukaraderuashi_TP_V

 

引っ越しの時の不用品処分、身体の負担、予算の負担、減らしたいのはどっち?

わかりやすく簡単に説明します。

 

引っ越しをする時には自分で思っていた以上のゴミがでます。

 

本来のゴミももちろんですが、収納の奥深くにあるものまで

外に引きずり出すと、記憶にないようなものがたくさん出てくるんです。

それでもふつうのごみに出せるようなものならばいいのですが粗大ゴミだと困りますよね。

引っ越しの時の不用品、粗大ごみを処理するにはいくつかの方法があります。

 

引越し屋さんに処分してもらう

 

このやり方が一番簡単です。

いらない物を全て引っ越し屋さんに任せるだけ。

引っ越しの際に依頼する引越し屋さんに見積もりを取る時に、

不要なものに関して引き取ってもらえるかどうか、

それにはいくらぐらいかかるのか尋ねてみてください。

大きな物、例えばベッドとか棚、タンスなどはそれが一番手っ取り早いです。

大きな物の処分をお願いすると、場合によっては他の小さめな

ゴミをサービスで持って行ってくれることもあります。

これは、各業者さんの心意気で違うのでご注意を。

家の中にある粗大ごみ、しかし他の人から見れば必要な物という場合もあります。

知り合いなどに必要ないか尋ねてみてください。

ここで欲しい人が持って行ってくれればラッキーです。

処分にお金をかけるぐらいならば誰かに譲った方がマシですよね。

 

リサイクルショップで売る

HIR86_danborukarakaodasu20140614_TP_V

ここは引き取りの基準が厳しいですから、

売れなくて持って帰るのが面倒と思う人は

できれば美品を持ち込んだ方が良いですね。

それから引き取りのお値段に関しては

あまり期待をしない方がいいでしょう。
処分するのにお金がかるよりはまし、といった感じの

お値段にまとまる事がほとんどですから。

時間があるのならば最近ではオークションサイトも

いくつかあるので利用してみるのもいいかもしれません。

ただ、満足の行く梱包、輸送に関してのアレコレを
考えると個人的にはあまりおススメではありません。

 

 

さて、ここまで来てまだ残っている不用品、

粗大ごみに関しては諦めて自分で処理しましょう。

方法は二つです。

①不用品回収業者に引き取ってもらう
②自治体の粗大ごみサービスを利用する

という方法です。





 

①不用品回収業者に引き取ってもらう

①不用品回収業者の場合ですと、大抵が運び出してくれます。
自分で運び出す手間がかからないので楽ですね。
ただ、優良店と悪質なお店があるので気を付けてください。
お値段等は最初に電話で聞いてみた方が良いですね。
そうすれば優良店ならば明朗会計で作業を行ってくれます。

 

 

②自治体の粗大ごみサービスを利用する

②自治体の粗大ごみサービスの場合

少し手間がかかる事が多い分回収業者よりもお値段的にもお安い事が多いようです。
ゴミ処分場への自己搬入ならば負担金ゼロの自治体もあります。
ただし自治体によっては不用品を素材別に分解してから
持ち込まなければならない場合もあるので、
女性だけだったり、年配の方だったりの場合は難しいかもしれませんね。

 

まとめ 引っ越しの時の不用品処分、身体の負担、予算の負担、減らしたいのはどっち?

 

引っ越しの時に出る不用品はなるべく負担を少なく処分したいものですね。
ケースバイケースで処分法を選んでみてください。

-上手でお得な引っ越し方法

Copyright© 深いいねブログ♪ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.