冷え性について

「冷え症」になる原因とは?対策&解消&改善方法教えます!

投稿日:

a0001_017599

女性の大敵!「冷え症」になる原因とは?

 

 

指先が痛みを感じそうなほど冷たい、足が冷え切って布団に入っても寝付けない…。

女性はこのような冷え症の症状に悩む方がとても多いですね。

冷え症とは、手先や足先、腰や腹部など特定の部位が温まりにくく、いつも冷たく感じる症状を指します。

いったい何がこのような症状を引き起こす原因になっているのでしょうか。

以下に、その原因のあれこれをまとめてみました。

 

 

【自律神経の乱れ】

 

ストレスや不規則な生活などにより

体温調節を行う自律神経が乱れた結果

冷え症を引き起こすことがあります。

特に夏の冷房は要注意で、常に室内が涼しく保たれていると外気温との差が大きくなり

自律神経が乱れ「夏でも冷える」症状が起こりやすくなります。

 

【偏った食事内容】

 

たんぱく質・脂質・炭水化物

それらを分解して熱を生み出すビタミン・ミネラル・酵素が不足すると

身体が効率よく温まらなくなり、冷え症をひきおこしやすくなります。

極端な食事制限を伴うダイエットでも冷え症になりやすくなるため、注意が必要です。

 

 

【身体を締めつける衣服や開放的なデザインの衣服を好んで着る】

 

きつい下着や靴などで常に身体を締めつけてしまうと、

熱や栄養を届けてくれる血液の流れが滞り、冷え症になることがあります。

また、ミニのボトムやローライズのジーンズ、素足にサンダル履きなどの開放的なスタイルは

身体を常に冷やし続け、知らず知らずのうちに血流を滞らせる原因につながるので、おしゃれもほどほどに!

 

【運動不足】

 

運動不足の方は、筋肉運動による発熱や血流量が少ないので

運動を習慣にしている方よりもずっと冷え症を引き起こしやすくなります。

なお、男性よりも女性に圧倒的に冷え症が多いのは、男性より女性の方が筋肉量が少ないので

その分運動時の発熱・血流量とも劣ることになるのも一因と言われています。




【女性ホルモン(エストロゲン)の分泌の乱れ】

 

女性ホルモンであるエストロゲンには

手足の末端まで続いている毛細血管を広げ、血流を促す働きがあります。

ストレスや更年期などでエストロゲンの分泌が乱れると

血液が末端まで行き渡りづらくなってしまい、結果冷え症の症状が起こることがあります。

 

【疾患によるもの】

a0001_017600

 

貧血や低血圧では血流が滞りがちになるので、冷え症を引き起こす場合があります。

他にも膠原病や甲状腺機能低下症レイノー病や全身性エリテマトーデスなどでも

冷え症と似た症状が出ることがありますので

頑固な冷え症にお悩みの方は、一度医療機関を受診するとよいでしょう。

 

まとめ 「冷え症」になる原因とは?対策&解消&改善方法教えます!

 

以上、冷え症の原因をご説明しました。

冷え症は肩こりや腰痛、身体のだるさなどを招くばかりか、ひどくなると月経困難症や不妊も招いてしまうなど、全く侮ることのできない症状です。

上記の原因で思い当たることがあった方は、ぜひその原因を改善してみませんか?

きっと冷え症だけではなく、心身とも健康な状態を取り戻せることでしょう。

-冷え性について

Copyright© 深いいねブログ♪ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.