季節もの、祭り

柏餅が行事食になった由来を簡単解説!端午の節句に食べる意味とは?

投稿日:

cc-library010009154

柏餅は平たく丸めた上新粉で作った餅を二つに折り重ねるようにし、

その間に餡を挟み、それを柏の葉で包んだ和菓子です。

餡はつぶあん、こしあん、みそあんと地方によって異なります。

また柏の葉の代わりに、サルトリイバラの葉で包む場合もあります。

これは地方によっては、しばもちと呼ばれる事もあります。

 

では、この柏餅が行事食となった由来

特に端午の節句に結びついた由来や意味は、そもそもどういう事なのでしょうか?

 

その前に、現在は子供の日として祝われている端午の節句とはどう言うものなのか、おさらいをしてみましょう。

端午という言葉は、月の始めの午(うま)の日という意味があり、

昔の中国ではこの日にお祓いをして邪気を払うと言う習慣がありました。

それが午の干支が5月に当たる事から5月の行事として定着していったものです。
それが日本に伝わると、邪気を払うものとして、その季節の菖蒲を使って行う様になり、

この菖蒲が武家の時代であった鎌倉や江戸時代には菖蒲=勝負、尚武に通ずるとして男の子の行事に変遷して行ったのです。

さてこの端午の節句には、ちまきと柏餅を食べる習慣がありますが

ちまきは平安時代の中国から端午の節句が伝えられた時から一緒に伝来して来たものですが

柏餅はそれよりもずっと後の江戸時代になってから供物として食べられるようになったのです。





柏と言う植物は、新しく芽が出て大きく育つまで、古い葉が残り続けます。

この事が、子供が健やかに大きく成長するまでその父母は亡くなる事なく

健やかに見守る事、即ち子孫が絶える事無く継承されると言う意味に繋がるとして

江戸の地で端午の節句に食べられるようになったのです。

 
これが徳川九代将軍家重から十代将軍家治の時代の頃で

この柏餅とそれを端午の節句に食べると言う習慣が

参勤交代を通じて日本全国に広まって行ったと言われています。

こうした柏餅の由来から、現在でも関西では柏餅も食べますが

ちまきの方がポピュラーで、関東ではその逆の傾向がある理由だとされています。

また柏餅に関してよく議論になる事として

餅を包んでいる柏の葉を食べるかと言う点があります。

こちらは、東西での差と言うより、個人差の方が大きいようです。

-季節もの、祭り

Copyright© 深いいねブログ♪ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.