シングルマザー育児のコツ

子供が突然熱下がらない・嘔吐・発疹対処法

投稿日:

0I9A351215032114onepoint_TP_V

 

◎子供の突然熱が下がらない

 ~おう吐・発疹対処法~

子供が突然熱を出す。そしてそれが中々下がらない。

よくあることです。

このような時みなさんはどのように対処していますか?

実際にそんな局面を迎えてしまった時、

子供の為に自分が何をしたらよいのかをまとめてみました。

 

<おう吐・発熱>

 

・風邪の症状によるおう吐からの発熱

ウィルスに感染したことから起こるおう吐・発熱は

そのウィルスの種類によって続く期間が様々です。

下痢を伴い、早期に熱が下がる場合と

長期間熱が下がらない場合があるので

病院で適切な処置をしてもらいましょう。

・インフルエンザによるおう吐からの発熱

インフルエンザにもA型B型と種類があります。

B型は比較的風邪の症状に近いです。

問題はA型です。

子供に限らずA型に感染した場合おう吐による発熱や咳、

耳鳴りなど様々な症状が出てきます。

インフルエンザ対応の薬を処方してもらわないと熱は下がらず、

おう吐も続いてしまうでしょう。

最悪の場合死に至る事もありますので、

子供は特に早期に病院を受診してください。

・溶連菌感染によるおう吐からの発疹

溶連菌への感染は子供に多いものです。

おう吐や発熱が症状で一番多く、潜伏期間が長いので

突然症状が出たように感じます。

処方された薬の服用を途中で止めてしまうと完治に時間が

かかりますのでしっかりと服用してください。

・虫垂炎によるおう吐からの発疹

大人から子供まで関係なく罹感しますが、

子供の方が虫垂の膜が大人より薄いので

重症化しやすいと言われています。

大抵の場合急性の腹痛を起こし、

病院へ行って発見するという流れです。

詳しい原因は不明とされていますが、症状としては

腹痛・おう吐・発熱があります。

発熱は微熱が続きますが、腹膜炎の炎症が広範囲に

広がった場合には高熱が見られます。

子供の場合でも炎症が軽い場合は服薬で、

重症化した場合は手術で取り除きます。




<発疹・発熱>

 

・水ぼうそう

ほとんどの子供が水ぼうそうを経験すると言われています。

症状としては発熱、発疹、水疱ができてかさぶたに変わります。

発熱は37-39℃位の熱が3・4日続く子供が一般的ですが、

まれに熱が出ない子供もいます。

予防接種を推奨されていますが、罹るのであれば

子供のうちが良いと言われています。

・麻しん

ウイルスによって起こる非常に感染力の高い病気です。

日本ではまだ発症例があり、ワクチンによって

感染の拡大が抑制されています。

潜伏後の初期症状は、熱・咳・鼻水などで風邪に似ています。

発熱は微熱から徐々に高熱へと変わって行き、数日間続きます。

・風しん

急性熱性発疹性疾患と呼ばれ、発疹と同時に発熱します。

 小学生の罹患率が多いですが大人の発症例も数多くあります。

 特に妊婦が発症すると産まれてきた子供の脳に

障害が残る事が多く知られています。

 効果的な治療法がなく、予防接種が推奨されています。

 

●子供の突然の熱には毎回驚かされるものです。

PAK75_karutemitenayamu20141025131412_TP_V

早急に対処が必要な病気もあれば、軽い風邪のように

自然治癒力で完治に向かう病気もあります。

おう吐や発疹が出た場合は、周りの大人がしっかりと対応し

まずは子供を安心させてあげてください。

一緒にいて励ましてあげるだけでも

子供にとっては力強い事なのです。

-シングルマザー育児のコツ

Copyright© 深いいねブログ♪ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.