冷え性について

「身体を温める食材」で、身体の中から冷え対策を!

投稿日:

eating-796489_960_720

「身体を温める食材」で、身体の中から冷え対策を!

私たちは今、自由に多彩な食材を手に入れることができます。

それらの食材は「身体を温める食材」と「身体を冷やす食材」に大

別されることをご存知でしょうか。

つまり、身体を温める食材を積極的に摂るようにして、冷やす食材

を控えめにすれば、身体の中から冷えを改善していくことが可能なのです。

ぜひ、あなたの食生活に取り入れてみませんか?

 

【「身体を温める食材」と「冷やす食材」の特徴】

一言で食材と言っても、主食となる穀物をはじめ、肉や魚、野菜や

果物など様々なものがあります。

しかし「身体を温める食材」と「身体を冷やす食材」という観点か

らみると、共通する原則的な特徴があるのです。

○身体を温める食材の特徴

・色が濃い

・寒冷地で収穫されるもの

・寒い時期に収穫されるもの

・水分をあまり含まず、固い

・煮るのに時間がかかる

・塩気がある

・地下や海底で育つ

・精製されていないもの

○身体を冷やす食材の特徴

・色が白っぽい

・亜熱帯や熱帯が原産地のもの

・暑い時期に収穫されるもの

・水分が多く、やわらかい

・加熱するとすぐやわらかくなる

・地上で育つ

・精製されているもの

スーパーなどで手に取った食材が「どちらになるのだろう?」と思

ったら、上記の特徴を思い出してみてくださいね。

 

【身体を温める主な食材について】

SAWA_kabocyatoingen_TP_V

それでは、具体的な「身体を温める主な食材」をご紹介します。

○穀物→もち米・ひえ・あわなど

○豆類→いんげん・黒豆・納豆など

○野菜→からし菜・高菜・しそ・にら・にんにく(にんにくの芽も)・

    ねぎ・ふき・れんこん・山芋・よもぎ・かぼちゃ・唐辛子・

    らっきょう・しょうが・玉ねぎ・人参など

○きのこ→まいたけ・ひらたけ・マッシュルームなど

○海藻→わかめ・ひじき・海苔など

○肉類→鶏肉・羊肉・レバー(鶏・豚)

○魚介類→たい・いわし・ぶり・鮭・うなぎなど

     ○果物→あんず・さくらんぼ・ざくろ・桃・ネーブル・きんかん・ドライフルーツ全般

○飲み物→紅茶・赤ワイン・日本酒など

○その他→黒砂糖・黒こしょう・味噌・塩・しょうゆ・麹(こうじ)・山椒・シナモン・梅干し・漬物など

 




【身体を冷やす食材について】

身体を温めるのとは逆に、冷やす食材についても触れておきます。

ただし塩漬けやぬか漬け・発酵や天日干しなど加工したものは性質

が変わりますし、加熱すればそれほど心配はいらなくなるものです。

全く摂らないのも栄養のバランスが悪くなってしまいますので、

くまでも「摂りすぎない」ことを心がけましょう。

○穀物→大麦・小麦(小麦粉も)・そばなど

○豆類→緑豆(緑豆でつくられた春雨も)・大豆(豆腐も)

○野菜→アスパラガス・セロリ・レタス・ほうれん草・きゅうり・みょうが・ごぼう・たけのこ・ふきのとう・大根など

○肉類→ハムやベーコンなどの加工品

○魚介類→くらげ・まぐろ・かまぼこやちくわなどの加工品

○果物→オレンジ・グレープフルーツ・みかん・柿・バナナ・すいか・梨・メロンなど

○飲み物→牛乳・コーヒー・ビール・緑茶・麦茶など

○その他→白砂糖・酢・白こしょう・バター・卵白・ウコン(ターメリック)・はっか(ミント)など

まとめ 「身体を温める食材」で、身体の中から冷え対策を!

いかがでしたか?もしかしたら意外に思えるものもあったかもしれませんね。

そもそも、寒い土地で収穫されるものは身体を温め、暑い土地で収

穫されるものは身体を冷やすというように、食材は人間の身体にと

って「理にかなった」ものだったのです。

ぜひその「恵み」を上手に頂き、健康づくりに役立てましょう!

-冷え性について

Copyright© 深いいねブログ♪ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.