シングルマザー育児のコツ

子供用花粉メガネとは?おすすめ人気子供用花粉メガネ

投稿日:

YUUKI150321090I9A4199_TP_V

◎子供用花粉メガネとは

 

花粉症のシーズン到来です

花粉症とは

アレルギーの一種。植物の花粉が目や鼻の粘膜に付くことで起こります。

原因となる植物はスギが一番多く、他にもヒノキやブタクサなど様々です。季節によって花粉の飛散時期が違うので、何種類もの植物の花粉にアレルギー反応を起こし年中花粉症の人もいたりします。

花粉症かな?

花粉症の症状は風邪とよく似ています。自分で判断せず、スギやヒノキの花粉が飛ぶ時期に以下の症状が出た時は、一度病院を受診する事をおススメします。

 

★くしゃみ

★鼻水

★鼻づまり

★目のかゆみ

 

受診する科は耳鼻科、眼科、小児科、内科。どこでも対応してくれます。

行き慣れている病院が一番良いでしょう。

 

花粉症にかかる年代

YUKI_uwanensyuhikusugi15113032_TP_V

年代別に見ると、30代が最も多く、10代-40代で全体の9割を占めています。

以前は花粉症になる子供の数はそれ程多くはありませんでした。

しかし、年々子供の花粉症率が多くなってきており年齢も低年齢化が進んでいます。

「一度かかると治らない。」と言われる花粉症。子供の時期になってしまった子供はどのように対策をすれば良いでしょう。

 

大人と子供の花粉症

大人と子供では同じ花粉症でも違いがあります。

子供は鼻づまり、鼻血をよく出す、目に症状が出やすい。などが特徴です。

鼻づまりは外から見ているだけではわかりづらいので、口呼吸をしていないかを見てあげる事が重要です。





 

子供の花粉対策

●マスク

花粉症の対策として有効なものはやはり「マスク」です。

今は大人用から子供用まで色々な種類のマスクが売られています。

販売場所もドラッグストアからスーパーまで、置いていない場所は無いくらいです。

マスクは花粉を吸いこむ事を防ぐのに1番有効的です。

昔は白だけでしたが今は子供が付けるのを嫌がらないように、ピンクや水色など工夫がされています。

●花粉メガネ

目のかゆみは大人も子供も我慢が出来ないものです。それに対応して開発されたのが「花粉メガネ」です。

子供、特に小学生や中学生は学校の授業で体育があり、花粉の時期でも外で運動する事が必要な時があります。更に通学に時間がかかればその時間花粉をまともに浴びる事になりますので、目の症状が深刻な子供にはぴったりの物だと言えます。

花粉メガネをかけていても、パッと見では普通の眼鏡をしているようにしか見えません。

男の子でも女の子でも付けているだけで花粉がカットできるので子供の負担が軽くなるのは喜ばしい事です。

メガネ自体も各メーカーから改良されて毎年販売されるので、成長期の子供には安心して与えられるものです。

-シングルマザー育児のコツ

Copyright© 深いいねブログ♪ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.