季節もの、祭り

地震を予知した犬の行動・地震時の犬の守り方教えます

投稿日:

PAK85_obieruwanko1313_TP_V

 

犬と暮らしていると地震などの災害についての行動をあらかじめ想定して準備を進めておくことは非常に重要です。

前もって地震が予知できれば慌てず行動ができて良いのですが、なかなかそうも行きません。

しかしあらゆる動物は地震の予知が出来ると言われており、犬の場合も例外ではなく地震予知をすることがよくあるようです。

 

 

1 地震を予知した犬の行動・地震時の犬の守り方

TATSU130914211875_TP_V

 

行動としては、地震が来る前から落ち着きがなくなりそわそわしていて飼い主が呼んでも上の空ということがあったり、食欲を無くしてしまう、または意味もなく無駄吠えをするなどというものがよく見られる行動です。

いずれも、はっきりとはわからないが愛犬が、いつもと何かが違う、という微妙な変化も含まれています。

これらはたいてい地震がおこる数十分前から数時間前までに起きる行動で、犬自体が地表や地下の地殻変動の動きや大気流れの微妙な異常を敏感に察知する特殊な能力があるからだと言われています。

こういった変化をしっかり見逃さないようにして地震に備えることも大きな助けとなるでしょう。

 

 

2 地震を予知した犬の行動・地震時の犬の守り方

さて、いざ地震が起きると飼い主も愛犬もパニックになってしまい、まともな行動ができなくあんってしまう可能性が高いです。

日頃からいざという時のためにシミュレーションを行っておくことが大事です。

まず、愛犬とともにいつでも素早く避難出来るように日頃から必要品の用意をしておくようにします。

一箇所に決めた場所に人間用の防災セットとともに愛犬用の防災セットを準備します。

これには、最低1週間分のドライドッグフード、食器にもなるプラスチックの容器、水のペットボトル、防水ペットシーツ、毛布、常備薬、胴綱などをひとまとめにしておきます。

 




3 地震を予知した犬の行動・地震時の犬の守り方

大地震が起きた場合、避難所へ行くことも想定して、折りたたみのケージもできれば用意しておくと大変便利です。

また避難所でもペットを持ち込めないところも大変多いのが現実なのでマイカーがあれば、その中に犬を避難させておくことも可能です。

地震が起きるとパニックになりがちですが、決して慌てず落ち着いて行動を起こすようにします。

飼い主の極度な不安は愛犬も不安がらせてしまい様々な問題行動のきっかけになってしまうことがあるので気をつけるようにします。

地震は突然襲ってくる恐ろしい災害ですが、日頃からしっかりと準備をしておくことで、

落ち着いて行動でき、愛犬をきちんと守ってやることができます。飼い主の責任として普段から心がけておくようにしましょう。

-季節もの、祭り

Copyright© 深いいねブログ♪ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.